TmDanceとは

医療従事者同士をつなぐプラットフォーム

インターネットをフル活用した医療従事者だけの空間。
安全で最適なコミュニケーション環境および情報収集の場を提供します。

T:Tweet
ツイッターのようなつぶやき投稿サービス
M:Message
メッセージを送受信する双方向コミュニケーション
相手からの返事が欲しいときに便利です
D:Diary
日記、備忘録などの自分自身の記録
簡単なクリック操作で個々の記録毎に特定の人にだけ公開もできます
A:Application
Web講演会の視聴、論文検索、製薬企業や学会サイトへのリンク、各種計算ツールなどTmDanceの機能を拡張するためのアプリケーションを登録できます
N:News
日々配信される医療関連ニュースを表示
自分の専門領域に応じて、ニュースの内容をカスタマイズすることも可能です。
C:Croud Storage
オンラインストレージサービス
自分専用の保存場所を提供します。
書類だけでなく音声や動画も保存できます。また自分が作った資料を保存するだけでなく、他人から共有された資料もここで一元管理できます。
E:Entrance
ID/Passwordの管理サービス
製薬企業等から提供された医薬品専用サイトなどのID/Passwordを登録して一括管理。対応サイトでは1クリックでのオートログインも可能。

部外者をシャットアウトした完全クローズド環境で友人・知人だけの
実名によるコミュニケーション

医療従事者の情報共有ネットワーク

医師が実名参加するコミュニケーション環境で、登録者以外のアクセスは拒絶する完全クローズドサービスです。

自分の書き込みは、公開する相手を個別に限定することができ、対面での打合せや、電話の会話など日常のコミュニケーションがそのままTmDance上で継続できるよう設計されています。

直接会って話した続きをTmDance上で違和感なく継続できるため、より親密で専門性の高いコミュニケーションを可能とします。

目指すは電子カルテの隣にある便利なトビラ

医師自身で必要な機能をカスタマズできるので、患者さんへの説明資料の提示、同僚医師との情報交換、担当MRとの連絡、自分専用メモなど、このツールひとつで医療業務が効率化します。

医師とMRのコミュニケーションを効率化

医療従事者の情報共有ネットワーク

医師とMRの日常的なコミュニケーションから、アポイントメント調整、勉強会の開催案内と出欠確認、資料や文献の案内および配布に至るまで、TmDance上で行うことができます。

TmDanceを利用することにより、お互いの時間の有効活用が可能となります。

また、医師とMRのコミュニケーション履歴がしっかり残るため、担当MRの変更の際も移行がスムーズに行えます。

ネット社会に付随するストレスを軽減

医療従事者の情報共有ネットワーク

ブラウザベースのサービスなのでPCのみならずタブレット端末、スマートフォンでもご利用可能です。

情報の表示方法は、相手毎に時系列で情報交換の履歴をわかりやすく表示します。
(メールのように時系列とタイトルだけの表示ではないため、情報を見つけ出す手間を省きます)
さらに、製薬企業の医薬品専用サイトのID/Passwordを一括管理と自動ログインができます。

万が一、端末を紛失してしまった場合もTmDanceの情報はサーバ側にあるため安心です。

医師とMRのコミュニケーションを効率化

医師が求めている情報と製薬会社が届けたい情報は、TmDance上で双方がコミュニケーションを行うことで最適化されます。そのため、医師の欲しい情報が確実に届くようになり、結果的に医療費の削減へとつながります。